Articles for 12月 2016

見直しのタイミング

生命保険は見直しが必要ということですが、ではどのようなタイミングで見直しをすればいいのでしょう。まずは、人生の一大イベントである結婚です。独身の頃と違い、家族が増えるわけです。同じ保障内容でいいわけがありません。保険料や保障金額を増やすことも考えてください。そして、結婚すれば子どもを授かることになります。家族が増えるわけですから、保障額を増やさなければいけませんし、学資保険も考える必要があるでしょう。

結婚、出産の次に来る大きなライフイベントはマイホーム購入です。マイホーム購入には、ローンを組むことになります。このとき、世帯主が死亡した際にローンの支払いが免除されるという団体信用生命保険が住宅ローンに付随してくることがあります。そういった場合は、元々契約していた生命保険の保障額を減らしてもいいでしょう。

そして、子どもが成人し社会的に独立した際も見直しを検討するべきです。それまで、子どもを含めた保障額であったわけですから、夫婦だけとなれば当然、保障額も減らす方向になってきます。その後、定年退職を迎えるとそれまでの高額な死亡保障は不必要となりますが、逆に医療保険を充実させることも考えてください。このように、自分の生活にあった保障内容にするために見直しは必要なのです。

見直す際の注意点

生命保険は加入したときのままの保障内容では、年齢を重ねるうちに充分とは言えなくなってきます。保障内容をそのときの自分の置かれた環境に合ったものにすることが重要なのです。そのために、生命保険は見直しをしなくてはいけません。では、どのような点に気を付けて見直しを行えばいいのでしょう。

まずは、生命保険の種類についてです。保険に入る目的をしっかりと考えてください。独身の頃であれば、死亡保険の比率が高い必要はありません。家族ができてから死亡保険の額を上げるほうがいいでしょう。また、老後になればその死亡保険よりも終身保険のほうが重要となりますし、子どもが生まれた場合は、学資保険への加入も検討するべきです。このように、一定の期間、あるいはライフイベント毎に見直しをしてください。

また、その保険金の受取人ですが、加入時に両親としている場合、結婚後もそのままにしていることがありますし、受取額についても独身のときと結婚後が同じでは不充分です。その他にも、保障期間や保険料自体もそのときの自分の置かれた環境に合っているかをじっくりと検討する必要があります。保険の商品自体も時代遅れになっていることも考えられます。自分を取り巻く環境は常に変化しています。それに伴い生命保険も見直しが必要なのです。

生命保険見直しの意味

ほとんどの人が加入している生命保険ですが、自分自身の生命保険がどのような内容なのかを理解できている人は、実は少ないのです。よくありがちなのが、付き合いで加入したというもの、或いは就職した際にとりあえず加入したなど、内容をよく把握しないまま軽い気持ちで加入したというものです。ただ、こういった場合、自分の今現在の状況と保険料、受取額や保障内容が合わないこともよくあるのです。つまり、生命保険はある時期において見直しをする必要があるのです。

生命保険の目的は、独身の頃であれば医療保険のように入院費などの負担を軽減するためですし、結婚してからは万が一のときのために、遺された家族への保障の意味あいが大きくなってきます。会社を定年退職してからは、老後の資金としての役割もあるでしょう。このように、加入したときのままの内容では充分な保証が受けられない場合も多いのです。

また、複数の生命保険に入っている場合も、保障が重複していたり、不必要な特約をつけていたりすることもあります。無駄な保険料を払い続けるよりは、やはり見直しをして適正な保障と保険料にする必要があるのです。このように、安心して日々の生活を送るには、生命保険の見直しは欠かせないのです。

生命保険と保障内容

社会人として、常識とまで言われるのが生命保険への加入です。万が一のときに備えて、しっかりした保障は必要ですので、やはり加入しておくのが無難でしょう。ただ、ほとんどの人が、自分の保険の内容をきちんと把握しておらず、その上、加入した当時の保障内容のままでいるのです。加入の動機が、知人との付き合いであったり、なんとなくといったあやふやなものであるのも、保険について疎い原因でもあります。ただ、保険はある時期において見直しが必要となってきます。このサイトは、そういった生命保険の見直しについて説明します。

では、生命保険の見直しはなぜ必要なのでしょう。それは、自分自身が年齢を重ねていき、自分を取り巻く環境がそれに伴い変わっていくからです。例えば、独身の頃であれば死亡保険の受取額はそれほど多くなくても構いません。しかし、結婚すればそういうわけにはいかないのです。このように、保険はライフイベントの都度、見直しを行い、その時点での適正な保障内容にしておく必要があるのです。

保険の見直しのタイミングとしては、生活環境が変わった頃が目安です。結婚であったり、出産であったり、あるいはマイホームの購入であったりと、自分が置かれている状況をよく理解して、それに合った保障内容に変えるべきなのです。その時の生活に合わない保障内容は、結局のところ、無駄に保険料を払っているだけということになります。安心して生活するために、まず生命保険の見直しから始めましょう。