Articles for 12月 5, 2016

見直す際の注意点

生命保険は加入したときのままの保障内容では、年齢を重ねるうちに充分とは言えなくなってきます。保障内容をそのときの自分の置かれた環境に合ったものにすることが重要なのです。そのために、生命保険は見直しをしなくてはいけません。では、どのような点に気を付けて見直しを行えばいいのでしょう。

まずは、生命保険の種類についてです。保険に入る目的をしっかりと考えてください。独身の頃であれば、死亡保険の比率が高い必要はありません。家族ができてから死亡保険の額を上げるほうがいいでしょう。また、老後になればその死亡保険よりも終身保険のほうが重要となりますし、子どもが生まれた場合は、学資保険への加入も検討するべきです。このように、一定の期間、あるいはライフイベント毎に見直しをしてください。

また、その保険金の受取人ですが、加入時に両親としている場合、結婚後もそのままにしていることがありますし、受取額についても独身のときと結婚後が同じでは不充分です。その他にも、保障期間や保険料自体もそのときの自分の置かれた環境に合っているかをじっくりと検討する必要があります。保険の商品自体も時代遅れになっていることも考えられます。自分を取り巻く環境は常に変化しています。それに伴い生命保険も見直しが必要なのです。